b-kanの雑記

探求心と好奇心を糧に生きる人間のブログ。

3Dモデルを作ってみる

 

こんにちは、b-kanです。

 

単純な形に地道に変化させて複雑な立体を作る。そんな3DCGづくり好きです。

 

 

無料3DCGソフト「blender」を使い、様々な立体を作ってきました。現段階では、ソフトが扱えるようになってきた程度の初心者です。

 

 

過去作

作ったものを消してしまう癖があります。

 

作成中は微妙だと思い、後から見るといい感じだと思う。いつもそんな感じですふが、微妙だと思った瞬間消しているため、出来も成長もわかりません。 

 

2つだけ見つかりました。

 

f:id:b-kan:20210112125520j:plain

f:id:b-kan:20210112125523j:plain



上はヌクレオチド、下はテトロドトキシン(フグ毒)です。

(※化学に基づく立体構造ではなく、平面からなんとなく立体にしたもの。)

 

記憶が正しければ、キャラクターや建物の3Dも作っていました。

 

念のためいうと、化学オタクではありません。大学の勉強の延長線上でなんとなく作ったものです。

 

ヌクレオチドテトロドトキシンだけでは、PCの3Dモデルフォルダが会議室みたいです。可愛いものを追加し、おしゃれな雑貨屋さん風3Dモデルフォルダを目指します。

 

 

 

もも氏3D

b-kanの相棒もも(ピンクのテディベア)の3DCGを作成します。

 

久しぶりにソフトに触るので、機能を思い出しながらの作成です。

 

おおまかな形からだんだん線を増やし、形を整えるという手順で作成します。

f:id:b-kan:20210110111437j:plain

 

blenderには画像を見本として貼り付ける機能がありますが、以前試した時にあまり役立たなかったので使いません。

 

f:id:b-kan:20210110111440j:plain

 

あっちもこっちも変えていると、全体のバランスがおかしくなります。そのため最初は、付け根やでっぱり(例:鼻の先、首回り)以外の部分を、線単位で横移動のみで成形しました。

 

上の画像の時点では、飛び出た線はいじらず、横移動のみで変形しています。

 

f:id:b-kan:20210111102740j:plain

目を埋め込みました。

 

薄毛になってしまったもも氏のやせ体形を再現。PC上だけでもフサフサな新品もも氏にするか考えましたが、「かわいいからいいや。」と悩むのをやめました。

 

f:id:b-kan:20210112122458j:plain

 f:id:b-kan:20210112122455j:plain

 

UV展開したのち、クリスタproで色を塗りました。質感は質感用アセットペンを使用しています。

 

 

完成

f:id:b-kan:20210112123649j:plain

右は作成したもの。左はモデルとなったもも本人。

形はそっくりです。使い込んだタオルのようなゴワゴワした体も、ある程度再現できました。昔は毛布のようにフワフワだったんです。

 

しかし色が微妙です。素材の違う目だけ孤立させるべきでした。全体に合わせた質感にしたら、闇を抱えたまなざしでこちらを見てきます。

 

形作りだけでなく、マテリアル?や影の調整方法を勉強しないといけないですね。

 

 

つぎにすること

作成した3Dに、ボーンを入れたいと思います。動かしたいです。

 

夢で、持っているぬいぐるみが行列で歩く姿を見ました。このかわいい光景を再現できたらいいですが、デフォルメしないと百鬼夜行になりかねません。デフォルメverももも欲しいです。

 

また気が向いたら頑張っていじってみます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた。